ショーペンハウアーの名言 天才哲学者がくれる慰め(日本語・英語)

Arthur-Schopenhauer哲学者の名言

世間普通の人たちは、難しい問題の解決にあたって、熱意と性急のあまり、権威ある言葉を引用したがる。
―― アルトゥール・ショーペンハウアー

時はよく用いるものには親切である。
―― アルトゥール・ショーペンハウアー

無知は富と結びついて初めて人間の品位をおとす。
―― アルトゥール・ショーペンハウアー

人々は閑暇を犠牲にして富裕を得る。だが、富裕は自由な閑暇があってこそはじめて望ましいものとなる。富裕のために自由な閑暇を犠牲にしなければならないならば、私にとって富裕が何になるだろうか。
―― アルトゥール・ショーペンハウアー

あきらめを十分に用意することが、人生の旅支度をする際に何よりも重要だ。
―― アルトゥール・ショーペンハウアー

信仰は愛のようなもので、強制することはできない。
―― アルトゥール・ショーペンハウアー

世論は振り子の運動の法則に従う。
―― アルトゥール・ショーペンハウアー

人間の社交本能も、その根本は何も直接的な本能ではない。つまり、社交を愛するからではなく、孤独が恐ろしいからである。
―― アルトゥール・ショーペンハウアー

すべての人間は、他人の中に鏡を持っている。
―― アルトゥール・ショーペンハウアー

人は通常、金を貸すことを断ることによって友を失わず、金を貸すことによってたやすく友を失う。
―― アルトゥール・ショーペンハウアー

知は力なり — とんでもない。きわめて多くの知識を身につけていても、少しも力を持っていない人もあるし、逆になけなしの知識しかなくても最高の威力をふるう人もある。
―― アルトゥール・ショーペンハウアー

孤独を愛さない人間は、自由を愛さない人間にほかならない。なぜなら、孤独でいるときにのみ人間は自由なのだから。
―― アルトゥール・ショーペンハウアー

どのような運が降りかかろうと、喜びに浮かれることのないように、悲しみに暮れることのないように、万物は流転し、そして運もまた、いつ変わるとも知れないのだから。
―― アルトゥール・ショーペンハウアー

宗教とは蛍のようなものだ。光るためには暗闇を必要とする。
―― アルトゥール・ショーペンハウアー

虚栄心は人を饒舌にし、自尊心は沈黙にする。
―― アルトゥール・ショーペンハウアー

幸せを数えたら、あなたはすぐ幸せになれる。
―― アルトゥール・ショーペンハウアー

善、愛、高潔な心を動かしやすい行為や愛の業を行わせることができるのは、つねにただ他人の苦悩に対する認識にほかならない。
―― アルトゥール・ショーペンハウアー

天才は平均的な知性よりは、むしろ狂気に近い。
―― アルトゥール・ショーペンハウアー

学者とは書物を読破した人、思想家、天才とは人類の蒙をひらき、その前進を促す者で、世界という書物を直接読破した人である。
―― アルトゥール・ショーペンハウアー

熟慮を重ねることによってのみ、読まれたものは、真に読者のものになる。食べ物は食べることによってではなく、消化によって我々を養うのである。
―― アルトゥール・ショーペンハウアー

タイトルとURLをコピーしました