古代ギリシアの哲学者ソクラテス 教育・知識についての名言

quotes-of-socrates-on-education-and-knowledge哲学者の名言

古代ギリシアの哲学者ソクラテスの、教育・知識についての名言をご紹介します。相手に一方的に知識を教えるのではなく、自ら考え理解させる教育方法などについてもまとめています。

スポンサーリンク

ソクラテスの教育についての考え方

ソクラテスは紀元前469年頃、古代ギリシアの都市国家アテナイに生まれました。父は石工、母は助産婦でした。ソクラテス自身に著作はありませんが、彼の語ったことを、弟子のプラトンやクセノポン、プラトンの弟子のアリストテレスなどの書いたものが残っています。

ソクラテスはこう言っています。

私は知識を授けるのではなく、知識を産ませる助産婦である。

教育とは、炎を燃えあがらせることであり、入れ物を埋めることではない。

自分の知っていることを教えて終わりにするのではなく、自分で考えて知識を得られるよう導くようにしていました。

当時の哲学の問答は、たとえば「嫉妬を定義してみなさい」のように始まり、「君の定義はよくない。要点にぴったり合わないからだ」などと言い争いになることが多々ありました。

これに対してソクラテスの問答法は、対話によって相手に矛盾や自分の無知を自覚させ、より高い認識へと導いていくものでした。

たとえば、最初に反対のことを言って、相手を刺激します。
「嫉妬する者は、そもそも楽しむか」
「決して楽しみません、かえって苦しみます」
「ではどうだ、嫉妬は君には悪い事の際の苦痛であると思われるか。しかも、どうして悪い事に嫉妬があるかね」

そして相手に、嫉妬とは良いことの際の苦痛であると言わせました。

「ではどうだね、人は自分に対して何でもないものを嫉妬するか」
「そんなことは決してありません」

何人も本意から悪人たるものなし。

という名言を残しているように、「あの人を愛する」という美しく善いことをしているのに、あの人が別の人と話したからといって「嫉妬」という醜くて悪いことをするのは矛盾している、だからやめたほうがいい、と自分で気づかせるためです。

このようにしてソクラテスは物事を明らかに説明しました。議論において決して興奮させられず、決して高慢にならず、争いませんでした。
また、他人の数々の争いをやめさせたことでも有名です。

質問を繰り返して、生徒に自ら理解させる方法は、現在の欧米の教育現場でも用いられています。

ソクラテスの知識についての考え方

ソクラテスは「自分は何も知らない」ということをよく言っています。そして知識を得るためには、まず、自分が大してものを知らない、いま知っていると思っているものも正しいとは限らない、と自覚することが大事だとしています。これは、「自分が既に知っていると思っていることを、真剣に深く学ぼうという気持ちにはなれないから」です。

与えらえた知識を疑ってみるという姿勢は、欧米の基本的な学問のアプローチにつながっています。

ソクラテスの教育・知識の名言

本をよく読むことで自分を成長させていきなさい。本は著者がとても苦労して身に付けたことを、たやすく手に入れさせてくれるのだ。
―― ソクラテスの教育・知識の名言

唯一の真の英知とは、自分が無知であることを知ることにある。
―― ソクラテスの教育・知識の名言

私が知っているのは、自分が何も知らないということだけだ。
―― ソクラテスの教育・知識の名言

唯一の善は知識であり、唯一の悪は無知である。
―― ソクラテスの教育・知識の名言

教育とは、炎を燃えあがらせることであり、入れ物を埋めることではない。
―― ソクラテスの教育・知識の名言

知恵の始まりは言葉の定義である。
―― ソクラテスの教育・知識の名言

どれだけ人生、自分自身、我々を取り巻く世界について理解していないかに気付いたときに、我々一人ひとりに英知が宿る。
―― ソクラテスの教育・知識の名言

私は知識を授けるのではなく、知識を産ませる助産婦である。
―― ソクラテスの教育・知識の名言

私は誰の師にもなったことはなかったが、一方で、誰の問いにも答えなかったことはなかった。
―― ソクラテスの教育・知識の名言

息が止まらない限り、私は知を愛し続ける。
―― ソクラテスの教育・知識の名言

子供は、生まれたその日から、厳しくしつけなければならないものだ。
―― ソクラテスの教育・知識の名言

自分自身が無知であることを知っている人間は、自分自身が無知であることを知らない人間より賢い。
―― ソクラテスの教育・知識の名言

勉学は光であり、無学は闇である。
―― ソクラテスの教育・知識の名言

真の賢者は己の愚を知る者なり。
―― ソクラテスの教育・知識の名言

賢者は複雑なことをシンプルに考える。
―― ソクラテスの教育・知識の名言

良い本を読まない人は、字の読めない人と等しい。
―― ソクラテスの教育・知識の名言

 

タイトルとURLをコピーしました