仕事が辛い時・疲れた時に読みたい名言56選 慰めと励ましと環境整備

tired-of-work-quotes仕事の名言

仕事に就いてから時間がたつと、慣れてきたから見えてくるものがあったり、自分の心境の変化があったり、また人間関係の変化があったりということがあります。

それで何となくうまくいかなくなり、違和感がある、疲れた、辛いと感じるようになった時には、慰めや励ましの言葉を読んだり、考え方や環境を見直したりすることが必要です。

そんな作業に役立つ56の名言をご紹介します。

スポンサーリンク

仕事が辛いあなたを慰め・励ます名言

仕事が辛くても頑張っているあなたは立派です。疲れが少しでも和らぐように、あなたを慰め・励ます27の名言をご紹介します。

 

苦労から抜け出したいなら、肩の力を抜くことを覚えなさい。
―― 斎藤茂太(精神科医、著述家)

 

僕もグラウンドに行きたくない日はたくさんあるのです。
―― イチロー(日本のプロ野球選手、メジャーリーガー)

 

いかにいい仕事をしたかよりもどれだけ心を込めたかです。
―― マザー・テレサ(カトリック教会の聖人、修道女(ノーベル平和賞受賞))

 

神様は私たちに、成功してほしいなんて思っていません。ただ、挑戦することを望んでいるだけよ。
―― マザー・テレサ(カトリック教会の聖人、修道女(ノーベル平和賞受賞))

 

つらい日々も、笑える日につながっている。
―― 渡辺和子(キリスト教カトリック修道女、ノートルダム清心学園の理事長)

 

失敗とは、よりよい方法で再挑戦する素晴らしい機会である。
―― ヘンリー・フォード(アメリカの実業家、フォード・モーター創設者)

 

4000のヒットを打つには、僕の数字でいくと8000回以上は悔しい思いをしてきているんですよね。
―― イチロー(日本のプロ野球選手、メジャーリーガー)

 

成し遂げようと決めた志をたった一度の敗北によって捨ててはいけない。
―― ウィリアム・シェイクスピア(イギリスの劇作家、詩人、代表作『ロミオとジュリエット』『ハムレット』『オセロー』『リア王』『マクベス』)

 

私たちの最大の弱点は諦めることにある。成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ試してみることだ。
―― トーマス・エジソン(アメリカの発明家、起業家)

 

私は9,000回以上シュートを外し、300試合に敗れた。決勝シュートを任されて26回も外した。人生で何度も何度も失敗してきた。だから私は成功したんだ。
―― マイケル・ジョーダン(アメリカの元バスケットボール選手)

 

自分ならできると信じれば、半分は終わったようなものだ。
―― セオドア・ルーズベルト(アメリカの第26代大統領)

 

自分のことを、この世の誰とも比べてはいけない。それは自分自身を侮辱する行為だ。
―― ビル・ゲイツ(アメリカの実業家、マイクロソフト共同創業者)

 

自分自身を信じてみるだけでいい。きっと、生きる道が見えてくる。
―― ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(ドイツの詩人、小説家、劇作家、自然科学者、代表作 小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』 詩劇『ファウスト』)

 

川は知ってる。急がなくてもいい、ボクたちはいつかそこに着けるから。
―― アラン・アレクサンダー・ミルン(イギリスの児童文学作家、ファンタジー作家、詩人、劇作家、代表作『クマのプーさん』シリーズ)

 

苦しみは成長から生まれる副産物。それだけで終わってしまうことはありません。
―― アイリス・マードック(アイルランドの女性作家、哲学者、詩人、代表作『鐘』『ユニコーン』『海よ、海』)

 

涙とともにパンを食べた者でなければ、人生の味は分からない。
―― ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(ドイツの詩人、小説家、劇作家、自然科学者、代表作 小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』 詩劇『ファウスト』)

 

最後に心を癒してくれるのは誠実さよ。
―― スザンヌ・サマーズ(アメリカの女優、作家、歌手、実業家、出演作 映画「アメリカン・グラフィティ」)

 

疲れた人は、しばし路傍の草に腰を下ろして、道行く人を眺めるがよい。人は決してそう遠くへは行くまい。
―― イワン・ツルゲーネフ(ロシア帝国の貴族、小説家、代表作『猟人日記』『初恋』『その前夜』)

 

苦しい時もある。夜眠れぬこともあるだろう。どうしても壁がつき破れなくて、俺はダメな人間だと劣等感にさいなまれるかもしれない。私自身、その繰り返しだった。
―― 本田宗一郎(日本の実業家、技術者、本田技研工業の創業者)

 

何も出来ない日や時には、後になって楽しめないようなものを作ろうとするより、ぶらぶらして過ごしたり、寝て過ごす方がいい。
―― ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(ドイツの詩人、小説家、劇作家、自然科学者、代表作 小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』 詩劇『ファウスト』)

 

自分にもっとやさしくなってもいいのよ。
―― アドリエンヌ・リッチ(アメリカの女性詩人、代表作『廃墟への跳躍』)

 

私の信条は、ほかの人にも通用するわ。まず自分を愛すれば、すべては自然にうまくいく、ということ。何をやるにしても、自分を愛していなければできるものではありません。
―― ルシル・ボール(アメリカのコメディアン、女優)

 

気持ちを楽にする方法のうち、いちばん人間的でしかも誰にでもできるのが、泣くことでしょうな。
―― カール・メニンガー(アメリカの医学者、精神科医、精神分析家)

 

悲しみと喜びはつながっている。
―― フィリス・ディラー(アメリカの女優、声優、コメディエンヌ)

 

悪い時が過ぎれば、よい時は必ず来る。おしなべて、事を成す人は、必ず時の来るのを待つ。あせらずあわてず、静かに時の来るを待つ。時を待つ心は、春を待つ桜の姿といえよう。だが何もせずに待つ事は僥倖を待つに等しい。静かに春を待つ桜は、一瞬の休みもなく力を蓄えている。たくわえられた力がなければ、時が来ても事は成就しないであろう。
―― 松下幸之助

 

いいかい、山頂を越したら、スピードが出るものだよ。
―― チャールズ・M・シュルツ(アメリカの漫画家、スヌーピーの作者)

 

すべての不幸は未来への踏み台にすぎない。
―― ヘンリー・デイヴィッド・ソロー(アメリカの作家、詩人、思想家、博物学者)

 

スポンサーリンク

自分の考え方を点検するための名言

何かをきっかけに自分の考え方が以前とは変化してきて、知らないうちに自分らしくないものの考え方になり、辛くなっていることがよくあります。職場の閉じた環境の中にいると、それに気づきにくいものです。

仕事や働き方についての24の名言をご紹介します。
そういえば前はこんなことを考えていたんだった、こういうことをしたいと思ってこの職に就いたんだった、と自分を思い出すきっかけが見つかるかもしれません。

 

我々のおもな仕事は、かなたのぼんやりしたものを見ることではなく、手元のはっきりしたものを処理することだ。
―― トーマス・カーライル(イギリスの思想家、歴史家)

 

あなたがやれる最善を尽くしたなら、心配したって事態は良くならない。私もいろいろなことを心配するが、ダムからあふれる水までは心配しない。
―― ウォルト・ディズニー(アメリカのエンターテイナー、実業家、ミッキーマウスの生みの親)

 

悲観的見方は好きではない。思い通りにいかなくても、先へ進もう。雨になると思ったら、ほんとうに雨が降るものだ。
―― クリント・イーストウッド(アメリカの俳優、映画監督、映画プロデューサー)

 

空想したり、想像をもとにともかくプランのようなものを立てないことには、いっこうにラチがあかない。どこかに取っ掛かりを見つけるのだ。
―― ロバート・デュバル(アメリカの俳優、映画プロデューサー、出演作「テンダー・マーシー」 「ゴッドファーザー」 「ウォルター少年と、夏の休日」)

 

やらねばならない事は、できるものだ。しかも思った以上にうまくできることがある。
―― ジミー・カーター(第39代アメリカ合衆国大統領)

 

ひたすら生き、仕事をする。まわりに気を配るのはそれからだ。
―― ヘンリー・デイヴィッド・ソロー(アメリカの作家、詩人、思想家、博物学者)

 

昔を思い返しましょう。小さかったときに何に幸せを感じたのかをさがすの。私たちはみんな成長した子供、本当に…。だから人は回想し、愛したものや気付いた現実を探し求めるべきなのです。
―― オードリー・ヘップバーン(イギリスの女優)

 

やりすぎてはいけません。……ペースが速すぎては身がもたない。
―― ナイオ・マーシュ(オーストラリアの作家)

 

物事をやり遂げるコツは、どこを手抜きすればいいかを知ること。
―― ステラ・リーディング男爵夫人(イギリスの最初の女性上院議員)

 

人は、お前にはできないと言う。いいか、いつもその通りにはいかないぞ。
―― ケーシー・スティンゲル(大リーグの監督)

 

直さなくてはいけない欠点が一つある。本当に幸せな女性になりたいなら、生きる上で最も大事な教訓を一つ知っておくことだ――。それはノーと言えるようになること。ノーの言い方を知らないのは、あなたの決定的欠陥です。
―― チャールズ・チャップリン(イギリスの俳優、映画監督、コメディアン、脚本家)

 

自分だけが人と違う世界にいるとき、腹を立てたり、気おくれしたりしないで生きるには、人との違いを気にしないことだ。
―― アル・カップ(アメリカの漫画家)

 

あるべき姿ではなく、あるがままの自分を見せよう。気取ったところで、いずれぼろが出る。そうなったら目も当てられない。
―― ファニー・ブライス(アメリカのエンターテイナー)

 

俺は議論しない、議論に勝っても、人の生き方は変えられぬ。
―― 坂本龍馬(幕末の志士、土佐藩郷士)

 

二つの法則を守る限り、他人に失望することはない。法則1. その人間が何者か知る。法則2. その人間にそれ以上期待しない。
―― ジョージ・アイリス(カナダ生まれの作家)

 

他人につぶされるな。自らを信じ、立ち上がれ。自分を信頼することだ。
―― ヤコブ・ノイズナー(アメリカのユダヤ教学者)

 

12歳のとき、成功したければグリップを変えろと言われた。この両手バックハンドをやめろとね。変えますと言ったけど、その気はなかった。試合には独自の個性が必要だ。自分の型がね。それは自分で見つけるもので、他人に見つけてもらうもんじゃない。
―― ビヨン・ボルグ(スウェーデンのテニスプレーヤー)

 

三振するかも、なんて絶対考えてはいけない。
―― ベーブ・ルース(アメリカのプロ野球選手)

 

一塁から足を離さない限り、二塁に盗塁できないことを忘れるな。
―― マイク・トッド(アメリカのプロデューサー)

 

終着点は重要じゃない。旅の途中でどれだけ楽しいことをやり遂げているかが大事なんだ。
―― スティーブ・ジョブズ(アメリカの実業家、アップルとピクサー・アニメーション・スタジオの創業者)

 

やりたいことが見つからないと言っても、先生は教えてくれない。おじけづかないで、どんどん新しいことを試してみることだよ。
―― 小柴昌俊(こしば まさとし、日本の物理学者、天文学者。史上初めて太陽系外で発生したニュートリノの観測に成功、ノーベル物理学賞受賞)

 

ロープの端に来てしまったら、結び目を作ってしがみつくのだ。
―― フランクリン・D・ルーズベルト(アメリカの第32代大統領)

 

日々のちょっとした喜びを大切にし、足元の現実を少しずつ積み重ねていくことが、明るい未来につながっていくんだと思います。
―― 斎藤茂太(精神科医、著述家)

 

成功者になろうとするのではなく、むしろ価値のある人間になろうとしなさい。
―― アルベルト・アインシュタイン(ドイツ生まれの理論物理学者)

  

そもそも合わない職場にいないかチェックするための名言

人間の適応能力にも限界があります。その限界を超えて、自分一人の努力でうまくやろうとしたために辛くなっている人も多くいます。

誠実でまじめな人や責任感の強い人に多いのですが、そういう人が「自分が我慢するべき」と思ってさらに努力をすると、精神的に参ってしまいます。

むしろ、我慢をやめて別の道を探すのが正解な場合もあるので、冷静に、客観的に考えるきっかけになりそうな名言を5つご紹介します。

 

ちっとも楽しくないことに高い能力を発揮するのは至難の業。
―― ジャック・ニクラス(アメリカのプロゴルファー)

 

考えよ。……見かけはどうか、どんな仲間と働くのか、何をやるのか、どこまで行きたいか、どこまで行けるか、ということを考えるのだ。
―― トーマス・J・ワトソン(IBMの初代社長)

 

「卒業したらどこへ就職したらいい?」とよく聞かれる。それには非常に簡潔な答えがある。『尊敬する組織や人間の為に働くこと』である。
―― ウォーレン・バフェット(アメリカの投資家)

 

人が楽しめるのはただ機械的に何かをしている時ではない。無我夢中で打ち込んでいるときだ。
―― レオ・バボータ

 

もし、今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか? この問いに「NO」が何日も続くのなら、なにかを変えなくてはならない。
―― スティーブ・ジョブズ(アメリカの実業家、アップル創業者)

 

あなたが今からやるべきこと

まず、休むことです。なるべく長く睡眠時間を確保してください。眠れなくても横になっているだけでも少し楽になります。

そしてできれば、休暇を取得することをおすすめします。

社内の人間関係が原因なら、人事部に相談して対処してもらったり、配置換えを希望したりということも、選択肢に入れてみてください。

友人や家族に相談するのもいいですね。

自分が楽しいと思えることをするのも、心のエネルギーを回復し、ストレスを減らすのに役立ちます。

一つの事に長く打ち込んで熟練することが美徳、とされているけれど、それも場合によります。我慢する価値のないことや、我慢してはいけないこともあります。転職が一番いい結果を生むなら、転職するべきです。

自分の人生を犠牲にしてまで、その会社に尽くさなくてもいいのです。会社は、あなたが抜けたら別の人を入れて続いていきます。それができないなら、そもそも世の中に「転職」というものはないはずですよね。

転職したいけれども、うまくいくか不安だったり、どうやって選べばいいかよく分からなかったり、いつも疲れていたりして、転職活動もままならない人も多いかもしれません。

自分の強み(得意なこと)を知り、適職を自分一人で見極めるのは難しいものです。友人や家族などに相談しても、まだよく分からない場合、コーチング・サービスのようなプロの力を借りるという方法もあります。あなたの能力を発揮し、楽しさややりがいを感じながら安心して働けるようにしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました