【名言を英語で】楽観主義者はドーナツを見て、悲観主義者はその穴を見る。

the-optimist-sees-the-doughnut-the-pessimist-sees-the-hole名言を英語で

アイルランドの詩人、作家、オスカー・ワイルドの名言「楽観主義者はドーナツを見て、悲観主義者はその穴を見る。」英語原文を英単語帳つきでご紹介します。

スポンサーリンク

名言「楽観主義者はドーナツを見て、悲観主義者はその穴を見る。」の英語原文

楽観主義者はドーナツを見て、悲観主義者はその穴を見る。
―― オスカー・ワイルド(アイルランドの詩人、作家、劇作家、代表作『ドリアン・グレイの肖像』『サロメ』『幸福な王子』)

The optimist sees the doughnut, the pessimist sees the hole.
―― Oscar Wilde

単語発音記号品詞意味
optimistάptəmɪst楽天主義者、楽天家
doughnutdóʊn`ʌtドーナツ
pessimistpésəmɪst悲観主義者、厭世(えんせい)家
holehóʊl穴、欠点、欠陥
Oscarάskɚオスカー
Wildewάɪldワイルド

 

『幸福な王子』で有名なオスカー・ワイルドの名言です。

楽天主義者と悲観主義者は普段から考えることが違い、それはドーナツひとつをとっても違う。

楽天主義者はドーナツを見て、「おいしそう」とか「いま食べようか」など「ドーナツそのもの/あるもの」について考えるけれど、悲観主義者はドーナツの穴を見て、「この穴の分、食べられるところが少ない」など、「ドーナツの穴/ないもの」について考える、と言っています。

ドーナツを見たときの反応がこれだけ違うとすると、楽天主義者は1日に何度ポジティブなことを考え、悲観主義者は1日に何度ネガティブなことを考えるでしょうか。1年では? 人生全体では?

ドーナツという身近なものに例えて、「何を考えて人生を過ごすか」について考える機会を与えてくれているようです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました