結局人生とは何か? に答えてくれる名言で人生の意味と目的を知る

quotes-about-finding-the-meaning-of-life人生の名言

人生は楽ではない。そこが面白い。
―― 武者小路実篤(日本の小説家、詩人、劇作家、画家、代表作『友情』『愛と死』)

人生は意義ある悲劇だ。それで美しいのだ。生き甲斐がある。
―― 岡本太郎(日本の芸術家)

人生とは未知の自分に挑戦すること。
―― 日野原重明(ひのはら しげあき、日本の医師、医学者、聖路加国際病院名誉院長)

心の本質は、池の水のようなものです。嵐で水がかき乱されれば、池の底の泥が浮き上がって水をにごらせます。しかし水の本質は汚いものではありません。
―― ダライ・ラマ14世(チベット仏教の最高指導者(ノーベル平和賞受賞))

生きるとは自分の運命を発見することである。
―― アルキメデス(古代ギリシアの数学者、物理学者、技術者、発明家、天文学者)

人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ。
―― チャールズ・チャップリン(イギリスの俳優、映画監督、コメディアン、脚本家)

人間は自分をあまりに重要視しすぎるのです。我々人間は、鳥やアリの生より決して困難なものではなく、むしろもっと楽で素敵なものです。
―― ヘルマン・ヘッセ(ドイツの小説家、詩人、ノーベル文学賞受賞、代表作『車輪の下』『デミアン』『ガラス玉演戯』)

必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ。
―― 織田信長(戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、戦国大名)

物事を完成させるという尊い考え方と共に、手をつけずに放っておくという尊い考え方もある。人生の知恵の本質は不必要なものを取り除くことにある。
―― 林語堂(りん ごどう、華人の文学者、言語学者、評論家)

途中がいくら良くても意味などない。いかなる生涯においても栄光はその最後にしかない。
―― ナポレオン・ボナパルト(フランスの皇帝、政治家、軍人)

生きるとは呼吸することではない。行動することだ。
―― ジャン=ジャック・ルソー(現在スイスの都市のジュネーヴ共和国出身の哲学者、政治哲学者、作曲家、『社会契約論』『エミール』著者)

命って実は一番本質的なことで、一番かけがえのないことだけれども、意外と日常生活の中では考えない。だけど病気になっただけで、ふっと扉が開いて命を考える部屋に入っていける。見てると、入院、手術、回復という過程でみんな何か取り戻してます、命、人生、家族、そういったものを。
―― 須磨久善(すま ひさよし、日本の心臓血管外科医)

私にとって人生とは、自分自身を知るための日々なのだ。
―― 塚本幸一(つかもと こういち、日本の実業家、ワコール創業者)

物事の善し悪しや成否は、すべて真心のあるなしにかかっている。
―― 聖徳太子(飛鳥時代の皇族・政治家)

人生の情景は、粗いモザイク画に似ている。この絵を美しく見るためには、それから遠く離れている必要がある。間近にいては、それは何の印象も与えない。
―― アルトゥール・ショーペンハウアー(ドイツの哲学者、主著『意志と表象としての世界』)

人生とは、切符を買って軌道の上を走る車に乗る人には分からないものである。
―― サマセット・モーム(イギリスの小説家、劇作家、代表作『月と六ペンス』『人間の絆』短編「雨」「赤毛」)

人生は人間が共同で利用するブドウ畑です。一緒に栽培して、共に収穫するのです。
―― ロマン・ロラン(フランスの作家、ノーベル文学賞受賞、代表作『ジャン・クリストフ』『ベートーヴェンの生涯』)

人生とは、今日一日一日のことである。確信を持って人生だと言える唯一のものである。今日一日をできるだけ利用するのだ。何かに興味を持とう。自分を揺すって絶えず目覚めていよう。趣味を育てよう。熱中の嵐を体じゅうに吹き通らせよう。今日を心ゆくまで味わって生きるのだ。
―― デール・カーネギー(アメリカの実業家、作家、セミナー講師、『人を動かす』の作者) 

人間は、何のために生きるのかって考えてみると、苦難を乗り越えていくために生きるんだと思う。何もしないで、生きて行こうなんて生き方はダメよ。
―― フジ子・ヘミング(日本とヨーロッパ・アメリカで活躍するピアニスト)

人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱うのはばかばかしい。重大に扱わねば危険である。
―― 芥川龍之介(日本の小説家、代表作『羅生門』『鼻』『地獄変』『藪の中』)

タイトルとURLをコピーしました