【名言を英語で】小さな仕事に分けてしまえば、何事も特に難しいことはない。

if-a-is-success-in-life-then-a-equals-x-plus-y-plus-z名言を英語で

フォード・モーター創設者、ヘンリー・フォードの名言「小さな仕事に分けてしまえば、何事も特に難しいことはない。」英語原文について、英単語帳つきで解説します。

スポンサーリンク

名言「小さな仕事に分けてしまえば、何事も特に難しいことはない。」の英語原文

小さな仕事に分けてしまえば、何事も特に難しいことはない。
―― ヘンリー・フォード(アメリカの実業家、フォード・モーター創設者)

Nothing is particularly hard if you divide it into small jobs.
―― Henry Ford

単語発音記号品詞意味
particularlypɚtíkjʊlɚli副詞特に、とりわけ
hardhάɚd形容詞難しい、困難な
dividedɪvάɪd動詞分ける、分割する
Henryhénri名詞ヘンリー
Fordfˈɔɚd名詞フォード

この名言から勇気をもらえる人は多いと思います。

ここで言う「小さな仕事に分ける」というのは、ある仕事を完成させるのに必要な作業を具体的に挙げていくつかに分割する、「タスクの細分化」といわれる方法のことです。

資料を集める ⇒ 情報を分析する ⇒ アイデアを考える ⇒ さらに分析する ⇒ 確認する ⇒ 実際に作業する ⇒ 見直す ⇒ 修正する
など、仕事の内容にもよりますが、なるべく細かく分けるほうが効果を実感できます。どんな場面でも使えるし、とても便利なものです。

まず、心理的な負担が減ります。

これから取り掛かる仕事が長くかかりそう、難しそう、大変そうだと思って尻込みをするよりも、「するべきことを書き出して順番に進めていけば、必ずできる」と最初から思って取り掛かるほうが気がラクですし、作業中も淡々と進められます。

そして、仕事の効率も上がります。

小さく分けると業務の内容が分かりやすくなり、どの順番で進めるのが一番効率的なのかが分かるからです。「AのついでにDも済ませておくと時間が短縮できるし、あとで楽だ」などと気付くこともあります。

さらに、漫然と仕事をして「今日も終わらなかった」と思うより、「今日、ここまでは終わらせよう」と思って仕事をして「今日の予定の所までできた!」と満足して1日を終えるほうが、モチベーションを維持しやすいということもあります。

特に初めての仕事は難しそうに感じますが、とりあえず小さな仕事に分けてみて、今すぐできそうなことから取り掛かる、というのも手です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました